【転職・就職】事務職の仕事と身につくこと

未分類

スポンサードサーチ

事務の仕事を通して身につくこと

事務職は、会社の土台を支える職種ってだけに、すごく多くのことが身に付きます!

  1. 仕事をする上での取引先や会社関係者との接し方
  2. 仕事に対する正確性
  3. 物やお金の流れがわかる
  4. 書類に強くなる
  5. 数字に強くなる

意識して仕事をしていけばさまざまな”仕事”をしていくうえで必要な共通の感覚が身に付きます。

そもそも事務って?

まず、事務という言葉の意味ですが、

役所・会社などで、書類・帳簿の作成・処理など、主として机の上でする仕事。

出典:goo国語辞典【事務】

漢字は事(つかえる)・務(つとめる)。

つまり、会社をはじめとする組織に仕えて書類作成とか経理、電話応対、接客・接遇などの業務をする職種ですね!

皆さんもご存じのとおり、今では書類の作成や帳簿の作成にまつわる業務はPCを用いて、文書作成、表計算ソフト(Word、Excel)やデータベースなどを使ってするのが一般的です。

また、ルーティンで行う仕事が多いイメージですが、創意工夫を繰り返すことで業務をより円滑にすることができ、やりがいのある仕事です。

事務職の主な仕事

たぶんどこの事務職にも下記のようなルーティーン業務があると思います。

  1. 会計処理:仕訳の入力(帳簿作成のため)領収書の整理、支払、入金 など
  2. 労務管理:給与計算、社員の雇用・退職にまつわる事務(社会保険の取得、喪失)など
  3. 総務関係:備品の管理、書類作成
  4. 対外対応:電話応対、接遇、公文書・書類作成

これらは毎日していく基本の業務だと思います。

これに加えて会社のイベント等あれば指示に従って臨機応変に動く必要があります。

 

では、事務職で身につくことについて、少し詳しく書いていきます。

1.仕事をする上での取引先や会社関係者との接し方

事務は会社の窓口です。電話での受け答えや窓口での対応がそのまま会社や組織のイメージにつながります。

どんなに忙しくても取引先や顧客には余裕をもって対応する必要があります。
これは、どんな仕事をしていても、身につけるべき必須の能力と言えます。
例えば独立して仕事をするにしても対外との関係構築はめちゃくちゃ大事です。ご近所さんや親せきとの付き合いの中でも会社での顧客対応のメンタリズムは役立ちます。

 

2.仕事に対する正確性

もちろんどの職種にも正確性は必要です。
事務職では”間違いなくできて当たり前”で、その上で早くできるとなお良しです。

だから間違えないように試行錯誤する知恵が身に付きます

今では、文字や数字の入力は人間がするよりコンピューターがするほうが正確です。
したがって、ソフトウェアやショートカットを駆使して、コンピューターをうまく使用する必要があります。

今後どのような仕事をするにあたっても役に立つ能力です。

 

3.物やお金の流れがわかる

自社の取引先や経理を通して物とかお金の流れがわかります

会社は日々様々な取引を行なっています。仕入れ、外注や販売など様々です。
事務職として働いていると、会社の取引の流れはもちろん、あらゆる形で会社にかかわるいろんな機関(新しい機械を設置するために融資を受ける銀行とか、営業許可申請先の行政とか)について知識がつきます。また様々な他の業種や士業などの仕事内容などを知ることができます。

 

4.書類の作成に強くなる

事務はいろんな書類を書いたり作ることが重要な仕事です。
職業柄、請求書や領収書はもちろん、行政向けの公文書や国税庁などの書式など様々な書類と関わることになります。

公的な書類って慣れていないと見るだけでクラクラしますよね。そんな書類でも、慣れれば肩の力が抜けて簡単に感じます。仕事以外でも、書類を書くことに慣れればストレスなく役所に行けると思います。
もちろん、どんな仕事をするにしても税務署や役場への届け出の必要は出てくるでしょうし、書類に対する拒否反応は少ないに越したことはありませんね。。

 

5.数字に強くなる

これも経理の仕事をしていくと強くなると思います。
職場によっては決算書を作ることもあります。決算書が見れるようになれば、会社の経営状況がわかります
事務に限らず営業などほかの職に就いたとしても会社の経営状況や前期比売り上げ、利益などが分かるに越したことはありません。

また、家計の管理にも活かせるはずです。会社の固定費(家賃や人件費など)の概念を理解することで、家計の固定費(家賃、水光熱費)を洗い出し、貯金や運用に回す金額などをしっかり設定できます。運用で株式投資をする場合にも決算書に対する知識があると便利です。

 

まとめ

社会人としての基本とか、この社会で生活する基本とか身に付きます。

自分に合えばもちろんこれをライフワークにするのもよし、そうでなければその経験をなにに活かすか、あなた次第です。必ず視野は広がります。

 

迷ったら行動!自分の意思を大切に!   

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下、広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました