【資格を取って人生変えよう!】働きながら資格をとる!効率的な勉強法のススメ

未分類

スポンサードサーチ

1.「一度じっくり」よりも、「早く反復」すること

テキストをじっくり、細かいところまで一字一句違わず綺麗にノートに書き写す。

 筆者はこれまでこのような勉強法をしてきました。高校までで、勉強の仕方についての授業はありませんし、我流でこのような勉強をされている方は多いと思います。確かに、「書き写す」という行為が体験になりますし、テキストや教科書の内容を深いところまで網羅的に学ぶ必要があると思えば、一見効率的な勉強法に見えます。

しかし実際にはこの方法は効率が良くないです。
実際に問題を解くようになると、知識が定着していないことに気づいて焦ります。。。

勉強のための自己啓発本などによく書かれているように、
テキストや問題集は、実は「何度も通ること」がとても大切です!
短期間に何度も反復して通ることで、より効率の良い学習が可能です。

具体的には、テキストを通るスピードを上げて、何度も周回する必要があります。
スピードを上げるためには、最初は細かいところは省いて重要なところだけ理解するようにしましょう。

重要なところは、例えば大きな文字や太字で書かれていたり、何度も登場する言葉であることが多いです。

細かいところは後回し。ちっちゃいことは気にすんな、それワカチコワカチコ〜

2.丸暗記ではなく、整理、関連付けで覚える

 高校までの試験では、日本史、世界史を「暗記科目」と呼んでいました。
年号や人名など、言葉が多く出てくるので、そのまま覚えてしまうことでその場その場の試験には対応することができたと思います。
若い頃は丸暗記でもある程度覚えていられるのですが、大人になると丸暗記ではすぐに忘れてしまいます

また、丸暗記では応用が利きません
いざ知識が必要になった時にアウトプットできない場合がよくあります。

【参考】アウトプットのススメ

そこで、語句の丸暗記ではなく、今までの自分の知識や経験と関連付けたり、語句同士の関連性で整理したりして覚えることが効果的です

マインドマップ」と呼ばれるものを作成すると、語句や知識ごとに関連づけることができて、頭の中の整理ができます。また、アウトプットする際も、マインドマップを思い出せれば連想して思い出すことができるので、資格試験でも大変効果的です。

スポンサードサーチ

3.本番に備える

本番の試験は、スポーツでいう、「試合」と同じです。
家や図書館などで問題集を解くのとは違います。

本番の試験では、時間が足りなくなったり、人が多くて緊張したり、調子を崩す様々な要因が考えられます。

本番対策として一番いいのは模試ですが、そのほかに、体調管理、当日の交通はどうするか?
お昼ご飯はどうするか?などについても意識するようにして、できれば事前に会場付近を訪れてみるといいでしょう。

4.最後までやり遂げる

合格率の低い国家試験などで、当日会場まで行ってみると3割ほど席が空いていたりします
つまり、申し込みはしたが、受けないという受験者が一定数いるようです。
また、実際に試験を受験した受験者の中でも、テキストや過去問を最後まで通れていない人も一定数いると言われています。ということは、

テキスト→過去問を2〜3週通ることができれば、かなりの確率で合格することができます!

スポンサードサーチ

まとめ

テキスト、問題集、過去問を用意して、


1.マインドマップを作り

2.マインドマップを意識しながらテキストを高速周回

3.過去問は9割正解できるように最低2、3週は通る

4.試験当日までしっかり続ける

5.本番近くなれば模擬試験を受けたり、会場の下見など本番対策


これで合格にグッと近づきます。

これから資格に挑戦しようと思っている方、挑戦中の方、是非マインドマップを作成して頑張ってください

GOOD LUCK!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓マインドマップの使い方について詳しく書いています!↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイトルとURLをコピーしました