【新型コロナ】持続化給付金について(ざっくり)

新型コロナ【COVID19】関係

追記:持続化給付金 申請ページはこちら

中小企業庁持続化給付金ページ 
https://www.jizokuka-kyufu.jp
※ページ内 申請する より申請できます。

スポンサードサーチ

持続化給付金 簡単にいうと

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、業績が非常に悪化している事業者が、事業継続することを助けるために、使い道自由な資金を給付する制度

条件と金額は、

前年対比50%以上減少した月が1月でもある場合、その月の減少売上額×12ヶ月(上限は個人事業主100万円、法人200万円)

わっかりやすくいうと

去年の同じ月と比べて半分以下の売り上げしかなかった月があれば、100万円(200万円)もらえる!  みたいな感じです。

注意すべきは、100万円、200万円は”上限”であるいうこと(→もともとの売り上げが少額な場合、給付金額は100万円に満たない場合がある)と、2020年創業の事業者は利用できない(今のところ)ということ。

事業者を営む人、法人が対象

個人事業主か法人が対象です。(給与所得のみのサラリーマンさんはもちろん関係ないです)

その中で、

2019年以前に開業している事業を営む方・企業

②新型コロナウイルスの影響を大きく受けている事業を営む方・企業
 →具体的には、一ヶ月の売り上げが前年の同じ月と比べて半分以下になる月があること
  例えば)
    2019年4月の売り上げが  50万円
    2020年4月の売り上げが  22万円
  であれば、22万円/50万円 =  44% (56%減少) 

③法人の場合は、資本金又は出資の総額が10億円未満(→10億円ちょうどはアウト)
        上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が200
0人以下

給付は1度きり!

スポンサードサーチ

申し込み方

5月31日に申し込みサイトが公開されました。

追記:持続化給付金 申請ページはこちら

中小企業庁持続化給付金ページ 
https://www.jizokuka-kyufu.jp
※ページ内 申請する より申請できます。

経済産業省 持続化給付金パンフレット →  https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

決算書2枚目 ※左側に月別売り上げの記載があります

給付条件の、”前年対比50%以上減少”の、”前年売り上げ”はこのページの左側の月別売り上げです。

売り上げ台帳の写しの形式は、事業所それぞれだと思います。
手書きでまとめている事業所さんがその写真の提出でいいのか?まだわかりません。

③通帳の写しは、振り込み口座の確認用のようです。

最後に

申し込みサイトが開設した5月1日正午前後はページへのアクセスが殺到したようで、つながりにくい状態が続いたようです。

申し込みしようとした際に繋がりにくい場合は、時間を変えて再チャレンジしてみるといいかと思います。
夜中の2:00〜3:00はシステムメンテナンスだそうです

返済の必要もなく、使い道自由な資金なので、対象となる事業者の方は確実に申し込んで、もらっておきましょう。

※今回様々な給付が行われますが、将来の増税は免れないと思います。事態が改善に向かった際にしっかり稼ぐことができるように、あらゆる策を講じることが大事だと思います。

みんなで乗り切りましょう!

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました