【必読】商工会議所ってなに?3つの役割(元職員が解説!)

商工会議所

スポンサードサーチ

→この記事がどんな人の役に立つ?

地域に根ざした中小事業主、経営者の方

・これから事業を始めようと思っている方

・商工会議所が何をしているところか気になる方

→この記事を読むとどうなる?

・この記事を読むと、商工会議所の機能や役割がわかります。あまり知られていないようですが商工会議所は地方ではいまだに大きな役割を担っており、しっかり活用すれば商売の発展に必ず役に立てる事ができます。商工会議所をうまく活用して、今後の事業や活動を円滑にしてください。

スポンサードサーチ

→この記事の根拠

・商工会議所の勤務経験があり、退職後も関わりのある筆者が商工会議所の機能・役割・活用方法をお伝えします。

→結論(商工会議所の役割 大きく3つ)

1. 経営支援

2. 地域振興

3. 政策提言

スポンサードサーチ

→詳しく!

1.経営支援(創業相談、融資相談、補助金、助成金相談)

商工会議所が持つ役割、一つ目に紹介するのは、経営支援です。主に地場の中小企業を対象にしています。(大企業とは相互協力体制を築いている事が多いです)

具体的には、

 創業相談、創業時に提出するべき書類の案内

 →新しく事業を始める方の相談を受けて、開業届、青色申告開始届、給与支払い事務所の開設などの提出すべき書類の案内から、事業の開始から資金調達、申告など”やるべきこと”のレクチャーなど、総合的にお手伝いします。特に地域の個人事業が対象です。法人の場合は登記等専門の士業にしかできない業務があるので、税理士の先生などに相談することをお勧めする場合もあります。

 融資の斡旋

 →創業時や、設備導入など多額の資金が必要になったときに、融資の斡旋の相談を受けます。具体的には日本政策金融公庫の融資申し込みをサポートします。特にマル経融資は、銀行からの信頼の少ない方でも低利で融資が受けられる制度です。金利は1.21%ぐらいです。

✔️マル経済融資→https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/kaizen_m.html

 事業計画書の作成サポート

 →創業時の融資申し込みなどで必要となる事業計画書の作成をサポートします。

 補助金・各種計画等の申請サポート、窓口

 →小規模事業者持続化補助金などの補助金や、地域によっては県や市の補助金、また、経営革新計画やBCPなどの計画策定、申請のサポートに乗ります。

 プレミアム商品券、GO TO EATなど地域の事業者支援策実施窓口になることも

 →地域によって違いますが、プレミアム商品券やGO TO EATなどの販売窓口になることもあります。

 国の3つの共済制度(小規模企業共済、倒産防止共済、中小企業退職金共済)の加入窓口

✔️この記事もチェック→【必読】給付金で税金が出そうな時の3つの対策(個人事業)

2.地域振興

商工会議所は、地域経済の発展を目的の一つとしているので、地域の賑わいづくりにつながるイベントなどを行います。

どんなイベントを行なっているかは地域によって全く異なりますが、花火大会や、物産展などを主催している商工会議所は多いです。

このほか、観光地の商工会議所では観光ルートの清掃活動、木や花を植樹したり、夏の大規模なお祭りを企画運営しているところもあります。

3.政策提言

市や県など行政に公式に政策提言できる機関ですので、毎年要望書を提出しています。この活動で、地域の商工業者の意見を行政に伝える役割を担っています。

そのために会議を繰り返しているわけです。おそらく、商工会議所という機関名はこの役割に由来していると思います。

道路工事や護岸工事の要望や補助金の要望、建設業等の地元業者の優先発注、適正発注価格の要望など、商工業者の要望を政策に反映させるべく、活動します。

できることであれば、多くの事業主の方が商工会議所に参画して意見を出し、多くの方の意見を行政に伝える事ができれば、地域をもっと住みやすく、商売がしやすいようにできるかもしれません

その他

上記1〜3でご紹介した意外には

・日商簿記、販売し検定などの検定試験の実施

・会議室の貸し出し

・外部講師を呼ぶ研修事業、工場見学など必要に応じて様々な事業の実施

などがあります。

まとめ

商工会議所は地域の経済の発展、賑わい作りにつながる活動を行なっています。経営支援が必要な方はもちろんですが、そうでない方も、ほんの少し地域に投資する意味で会員加入(任意)して、会議所の活動に参画してみませんか?

最後まで読んでくださってありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました